モバイルWiFiルーターについては…。

モバイルWiFiを安く抑えたいなら、当たり前ですが月額料金が大事になってきます。この月額料金設定が安めの機種を選べば、その先ずっと払うことになる金額も安くなりますから、何はともあれこの料金を要チェックです。
LTEと遜色のない高速モバイル通信が可能なWiMAXという通信規格も今の流行りです。ほぼほぼノートパソコンなどで使っているという人が多く、「時間や場所に関係なく高速通信が可能」というのがアピールポイントなのです。
ワイモバイルが提供するポケットWiFiは、規定されたパケット通信量を超過してしまうと、速度制限を受けることになります。因みに速度制限が為されることになる通信量は、使用端末毎に決められています。
モバイルWiFiルーターについては、契約年数と月々の料金、それから速度を比較して1つに絞るのがポイントになります。また利用する状況を予測して、通信サービスが可能なエリアを把握しておくことも必要だと考えます。
モバイルWiFiの月間の料金は2000円台~4000円台ですが、プロバイダーによってはキャッシュバックを売りにしているところが幾つかあります。この戻してもらえる金額をすべての経費からマイナスすれば、実質負担額が判明するわけです。

このウェブページでは、それぞれにフィットしたモバイルルーターを選出いただけるように、プロバイダー1社1社の料金であるとか速度等を調査して、ランキング形式にてご紹介させていただいております。
DoCoMoだったりY!mobile(Yモバイル)において規定されている3日間で1GBまでという制限ですが、1GBというのはパソコンなどで映像を鑑賞しますと、およそ2時間で達してしまうことになり、問答無用で速度制限が適用されることになります。
WiMAXのモバイル通信エリアは、じっくりと時間を費やして拡充されてきたというわけです。その甲斐あって、現在では市中のみならず、地下鉄の駅なども不便を感じることがないレベルにまで到達しているわけです。
プロバイダーによってキャッシュバックされる時期は異なるのが一般的です。キャッシュが入金される日は何ヶ月か後となりますので、そういった部分も知覚した上で、どのプロバイダーで購入するかを決定しましょう。
「モバイルWiFiに変えようと思っているけど、無制限&高速モバイル通信として注目されているWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供するポケットWiFiのどっちにした方がいいのかなかなか決められない。」と言われる方の役に立つように、双方を比較していますので是非ご覧ください。

「ポケットWiFi」と言いますのは、「ワイモバイルが扱っているWiFiルーターすべて」というのが本当は正解になるのですが、「場所を選ぶことなくネットを可能にするための端末すべてを指す」のが通例です。
WiMAXの毎月の料金を、できる範囲で安くあげたいと思いながら検索しているのではないですか?そうした人の参考になるように、1か月間の料金を低く抑える為の秘策をご案内いたします。
今の段階ではLTEを利用することが可能なエリアは限定的ではありますが、エリア外におきましては自動で3G通信に切り替わりますので、「圏外で使えない!」みたいなことはないと言い切れます。
過去の規格と比べると、最近のLTEには、接続であるとか伝送の円滑化向上のための優秀な技術が様々に導入されています。
「GMOとくとくBB」という名のプロバイダーは、嬉しいキャッシュバックキャンペーンを継続中ですが、キャッシュバックを確実にゲットするためにも、「キャッシュバック準備完了メール」が届くようにメール設定しておくことが大事になってきます。

電波法

最近、ケータイのカメラが壊れた。
まったく起動しなくなった。

ただ、調べたところネット上にも同様の症状が多数報告されていたので、システムの問題だろうと思い、さっそく修理のためにドコモショップへ。

ボク「カメラが壊れたんですけど、物理破損じゃなくてシステムエラーだから無償修理ですよね?」

ドコモ「なるほどー、たしかに基板やシステムの問題っぽいですね。ちょっと外付けカバー外しますねー」

ドコモ「あ、端っこに外装カバーの削れた跡がありますね!これだと有償修理になりますね!5400円です!」

ボク「……は? いやいやいや、そんな抱き合わせ修理しなくていいから、システム直してくれればいいです」

ドコモ「いえ、これはシステムだけ直せないんですよ! 外装も少しだけ破損してますし、有償修理ですね!」

ボク「いえ、だから外装はそのままでいいですって。中身だけ直して」

ドコモ「それは出来ないんですよー」

ボク「だって、それじゃどんな修理にしたってシステム側の問題でも、何でもかんでも修理費請求できる詐欺みたいなもんじゃん! 2年縛りで買わせといてシステムが2年もたないのに、その修理が抱き合わせって詐欺でしょ!」

ドコモ「あー……法律で決まってるんです」

ボク「は?( ゚д゚)」

ボク「え、システム直す時は外装も直せって??」

ドコモ「ええ、法律で修理の際は完全な状態でお戻ししないといけないって決まってるんですよー」

ボク「いや、わけわかんないでしょ。もういいです。有償修理でお願いします」

んで帰宅して調べてみる。

たしかに、電波法の38条にそのような内容があった。
携帯電話は、国の基準と電波法にそった無線局であり、電波法では、無線局は国の定める技術基準に適合していなければならないと記述されている。

つまり、ケース不良はそこから電波が漏れ出て電波の不要輻射等によって、技術基準に適合しないことになるって解釈だ。

業者は、それが分かっている状態で修理しないわけにはいかないっつーことなわけだ。
従って、ケース交換するのは、ドコモの都合ではなく、法律による縛りってこと。

これさー、ちゃんと店頭で説明出来るようにしなさいよ。
傷がありますね!有償修理です!じゃ明らかに無償修理させない気マンマンとしか取れないでしょ。

最初から電波法で不完全な状態では戻せない、そして外装のちょっとした破損も機体からの電波の漏洩につながるから修理対象になるって言われれば納得するよ。

ほんとにね、窓口のねーちゃん、頼むよ。

っていうお話。

ケータイ修理する場合は、外装に少しでも傷があったらそこ含めて全部修理されるので取り扱いにはお気をつけて。

モバイルルーター

IT関連は、ここのところたてつづけに思い通りにならないことばかり!
というか、3年前にスマフォを新しく買って以来、あるいはポケットWiFiを比較した末に自宅のネットを4年前にNiftyのWMaxにして以来、いったん安定した環境のまま使い続けていて、そのまま惰性ですんでいたから。
新しいことをすると、必ずしもスムーズにいかないので、ぐったりと疲れます。
という愚痴の日記です。

自宅では、ずっとWMaxのホームルーターを有線でパソコンとつないでいました。
まだモバイルは12年使い続けたビッチ時代だったので、WiFiとも縁がなくて、無線に対するセキュリティの心配が強く、有線だけで使えばいいと思っていたからです。
基本的には自宅でしかパソコンを使っていなかったので、ホームルーターで有線でネットにアクセスするので十分だったのです。

その後、スマフォを買って、海外でWiFi接続をして、WiFiに慣れました。
とはいえ国内ではドコモの通信で間に合いました。

そしてこのあいだタブレットを購入しました。
サムソンのキーボード付きのタブレットです。
ところがそのタブレットには、簡単なテキストもワープロアプリもインストールされていませんでした。

これまでスマフォでは、アフリをダウンロードしない主義でやってきました。
ブラウザでネットを見るのとメールくらいが使い道だったので、アプリはプレスンストールされてあって、無料のもので間に合いました。

タブレットでは、いままでひまを見て手書きで下書きしていたものを、ワープロソフトかテキストで入力したいと考えていました。
なので、アプリをダウンロードしなければなりません。
いくつか検索したのですが、どれもWiFi接続時にダウンロードすることになっていました。でないと、いまのスマフォの料金体系では、料金に足が出て、一ヶ月の通信の上限にあっていう間に達してしまいます。

だから家で、いままで有線で接続していたところを、無線を試そうと思ったのに、なぜかルーターでは無線接続ができません。
不具合かなぁ。

なのでサービスセンターにメールで問い合わせようと思ったのですが、会員登録しなければメールは出せず、その会員登録が型番がいくら入力しても間違っていると出てしまいます。
ルーター自体、もう製造を終了していました。
サービス対応期間らしいのですが。

ラインクリエーターズスタンプと肖像権

またもや、だけど
以前、嵐が連想出来るってことで
販売停止になったものが2つほど在ったのね。

写真っぽいとか、似顔絵なら
ま、肖像権とか問題になるだろうから
納得はいく。
実際に、これをオリジナルだと
言うのはアカンやろ?とは思った。

でもなー…

ちょっと口癖、セリフみたいなの?
これくらいは、許してほしいなーって思ってた。
同じヲタの友人とトークするのに
ちょこっと 使いたいもんなのよぉ♪
知れてるよ、頻度なんて。