file00040

通信提供エリアの拡充や通信技術のさらなる向上など、成し遂げなければいけない課題は山積されていますが、LTEはストレスのないモバイル通信を可能にするべく、「長期に亘る変革」を続けているところです。
モバイルWiFiの月額料金を飛び抜けて安い金額にしている会社というのは、「初期費用が高額」です。それがあるので、初期費用も月額料金に加える形で判定することが肝心だと思います。
プロバイダーの1社「GMOとくとくBB」は、お得なキャッシュバックキャンペーンを実施中ですが、バックしてくれるキャッシュを手堅く入金してもらうためにも、「キャッシュバックアナウンスメール」が受信できるようにメール設定しておきたいものです。
月々の料金のみならず、回線の速度とかキャッシュバックキャンペーンなども注視することが重要なのです。それらを頭に入れて、現段階で売れまくっているモバイルルーターをランキング一覧にしました。
今日ある4Gというのは本来の4Gの規格とは別物で、私たちの国日本においてはまだマーケット投入されていないモバイル通信サービスということになります。その4Gの正式な市場投入までの臨時的な手段としてスタートしたのがLTEになるわけです。

私が最もおすすめするプロバイダーなどは、キャッシュバックを4万円近くの金額に設定していますので、モバイルWiFiの月額料金が周りのプロバイダーと比べて高めでも、「トータルで見ると得することになる」ということが考えられるというわけです。
スマホで利用されているLTE回線とシステム的に違うという部分は、スマホは端末そのものが直接に電波を受信するというのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターによって電波を受信するというところだと言えます。
プロバイダーによって開きがありますが、キャッシュバックでもらえる額は驚くほど高いとは言い切れませんが、申し込み申請などを非常にシンプルにしているところも目にします。そういった部分も比較した上でチョイスすべきでしょう。
現時点でWiMAXのセールス展開をしているプロバイダーは20~30社あり、プロバイダーごとにキャンペーンの特典内容だったり料金が違います。こちらのサイトでは、高評価のプロバイダーを11社ご覧に入れますので、比較されてはどうでしょうか?
ポケットWiFiについては、1か月間に使用することができる通信量とか電波の種類が違っていますので、使い方により各々にマッチするモバイルWiFiルーターも違って当然ではないでしょうか?

どんなモバイルルーターにも3日間で3GBか1カ月間で7GBの速度制限規定があります。でも出鱈目な利用をしなければ、3日間で3GB分使うことは滅多にありませんから、そんなに危惧しなくても大丈夫だと思います。
LTEについては、これまでの3Gを「長期的に進化させたもの」だとされ、近未来に登場するであろう4Gへの移行を無理なく進める為のものです。そういった背景から、「3.9G」として扱われます。
「ポケットWiFi」に関しましては、ワイモバイルという通信ブランドが世に提供するモバイルWiFi用の端末のことであり、正直言って外にいてもネットができるモバイルWiFi全部を指すものではなかったわけです。
自分の家に関しては、ネットに繋げる際はWiMAXを利用するようにしております。心配していた回線速度についても、全然イライラを感じることのない速さです。
WiMAXの通信サービスエリアは、全国主要都市人口カバー率が99%に到達しているのです。東京都23区は勿論のこと、日本各地の県庁所在地などでは、何一つ制約を受けることなくサービスの提供を受けられると考えてOKです。

file00014

「WiMAXを可能な限り安い料金で思いっきり活用したいと思っているけど、どのプロバイダーと契約した方が良いのか迷っている」という人の為に、WiMAXを扱っているプロバイダーを比較した限定ページを完成させましたので、是非ご覧になることをおすすめします。
モバイルWiFiを持ちたいと思っているなら、月々の料金やキャッシュバックキャンペーンについても、きっちりと知覚している状態で1つに絞らないと、遠くない将来に必ず後悔するはずです。
「ポケットWiFi」と申しますのは、「ワイモバイルが提供している全てのWiFiルーターを言っている」というのが正解ではあるのですが、「どこにいようともネットに繋ぐことを可能にする端末全部を指す」のが普通です。
目下のところ売られている全てのモバイルルーターの中で、中立的な立場に立って推奨できるのはどのタイプなのかを、通信関連は不得手だという方にもご理解いただけるように、ランキング形式でご紹介しようと思います。
WiMAXを進化させた形で提供開始されたWiMAX2+は、旧モデルであるWiMAXの3倍の速さでモバイル通信を行なうことができます。更には通信モードをチェンジすれば、WiMAXとWiMAX2+以外に、au 4G LTE回線も使えます。

WiMAX2+の売り上げアップキャンペーンとして、高額のキャッシュバックを謳っているプロバイダーが複数社ありますが、キャッシュバックは一切行なっていないプロバイダーも見受けられますから、意識しておきましょう。
正直申し上げて、LTEを使うことができるエリアは限定的だというしかありませんが、エリア外の場合は機械的に3G通信に変更されることになっていますので、「繋げることができない」という様なことはないはずです。
「WiMAXもしくはWiMAX2+を購入するつもりだ」と言う方に忠告したいのは、念入りにプロバイダーを比較するということをしませんと、下手をすれば30000円ほどは出費がかさみますよということです。
「モバイルWiFiを契約するにあたり、高速・無制限モバイル通信で人気のWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルブランドのポケットWiFiのいずれにしようかなかなか決められない。」とおっしゃる方に役立てていただく為に、双方を比較していますのでご参照ください。
プロバイダーの1つ「GMOとくとくBB」は、高額なキャッシュバックキャンペーンをやっていますが、そのバックされるお金をちゃんと振り込んでもらう為にも、「振込告知メール」が届くように設定しておくことが不可欠です。

WiMAXにつきましては、本元のUQのみならず、MVNOと称される事業者が販売しております。現実的に速さであったりモバイル通信エリアが異なってくるということは皆無ですが、料金やサービスは違います。
「ポケットWiFi」というものは、ワイモバイルが世に提供するモバイルWiFi用の端末のことであり、本当のところ出掛けている時でもネットができるモバイル用端末のすべてを指すものではないのです。
WiMAXモバイルルーターと呼ばれているものは、契約する時に機種を選べ、概ね無償でもらうことができるはずです。ただしセレクトする機種を間違えてしまうと、「利用するつもりのエリアがサービス外地区だった」ということがままあります。
当HPでは、個人個人に適したモバイルルーターをチョイスしていただけるように、プロバイダー別の速度だったり月額料金などを調べ上げて、ランキング形式にて公開しております。
ポケットWiFiという呼称はソフトバンクの商標ということで登録されているのですが、概して「3G又は4G回線を利用してモバイル通信をやる」場合に外せないポケットにも入るくらいのWiFiルーターのことを指すと言えるでしょう。

file00040

ソフトバンクの通信ブランドであるポケットWiFiと申しますのは、WiMAXほど高速ではないですが、その周波数が故に電波が届きやすくて、室内でも快適に視聴することができるということで高評価されています。
ワイモバイルも利用可能エリアは広がってきており、山あいとか離島を除く地域なら相当な確率で使えるはずです。ネットに4G回線を使用して接続することが不可能だという場合は、3G回線を用いて接続可能ですから、ある意味完璧です。
通信提供エリアを拡大することや通信技術のさらなる向上など、達成しなければならない事項はあれこれ残っている状態ですが、LTEはスピードと快適性あふれるモバイル通信の完成を目標に、「長期スパンの進歩」を展開中だと言えます。
「WiMAXをお得な料金で思う存分使用したいのだけど、どのプロバイダーと契約した方が良いのか困惑している」と言われる方のために、WiMAXのセールス展開をしているプロバイダーを比較したWiMAX特設ページを設けましたので、一度ご覧ください。
モバイルルーター関連のことをいろいろ閲覧していると、よく目にするのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンなのです。なんと4万円に届こうかというくらいの高額なキャッシュバックを準備しているところもあるのです。

WiMAXの「ギガ放題プラン」については、データ通信量が3日で3GBを超えることになると速度制限が為されますが、その制限が適用されようとも十分に速いので、速度制限にビクつくことは不要だと言えます。
当HPでは、個人個人にピッタリのモバイルルーターをセレクトして頂けるように、プロバイダー1社1社の料金だったり速度等を検証して、ランキング形式にてご紹介しております。
WiMAX2+を、ネットを介して売っているプロバイダーの月額料金(2年契約最終日までのキャッシュバックも勘案したトータルコスト)を比較した結果を、安い順にランキングスタイルでご紹介しております。
WiMAXのモバイル通信可能エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だと公表されています。東京都の23区は無論のこと、日本全国の県庁所在地などにおいては、ストレスなく通信サービスの提供を受けることができると思って構いません。
どういったタイプのモバイルルーターにも3日3GBか1カ月7GBの速度制限規定が設けられています。とは言っても常識外の利用の仕方を避ければ、3日で3GBに達することはほとんどありませんから、そんなに心配しなくて大丈夫です。

月毎のデータ使用量が「制限なし」となっている「ギガ放題」以外のプランとして、WiMAX2+には「通常プラン」というのも存在しています。このプランは、「データ使用量は7GBに限定」となっています。
自分の家に関しては、ネットに繋げる時はWiMAXを使用しています。不安視していた回線速度についても、まるでイライラを感じる必要のない速さです。
本当にWiMAXとワイモバイルという2種類のモバイルWiFiルーターの速度や月々の料金などを比較してみたところ、上位機種においての下り最大速度以外のほとんど全ての項目で、WiMAXの方が優れていました。
スマホで繋げているLTE回線と形上違っている点は、スマホは本体そのものがじかに電波を受信するのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターと呼ばれる機器によって電波を受信するという点でしょう。
「WiMAXを購入することに決めたけど、通信可能エリア内か否かがはっきりしない。」という人は、15日間の無料トライアルサービスがありますから、その無料サービスをぜひ活かして、普段の生活で使ってみた方が後悔しなくて済みます。

file00014

WiMAXの通信可能エリアは、段階的に時間を費やして広げられてきたわけです。その為、今では街中は当たり前として、地下鉄駅などでも繋がらなくてイライラすることがない水準にまで到達しているわけです。
「ネット使い放題プラン」で高い支持率を誇るWiMAX。高速モバイル通信量の上限がないモバイルWiFiルーターとして販売台数も非常に増えており、導入も即時可能で、プラン内容を振り返れば月額料金もそれほど高くありません。
「WiMAXを購入したいと考えているけど、通信エリア内か否かがはっきりしない。」と考えている場合は、15日間の無料お試しサービスがあるので、その無料サービスを進んで利用して、現実に使用してみた方が後悔しなくて済みます。
モバイルWiFiルーターを決める際に、断然きちんと比較すべきだと考えられるのがプロバイダーなのです。プロバイダー一つで、利用できるWiFiルーターだったり料金がまったく違うからなのです。
プロバイダーそれぞれキャッシュバックされる時期はまちまちです。実際的に入金される日は何カ月も経ってからと規定されていますから、そのような部分も頭に入れた上で、どのプロバイダーで購入するのかを判断してください。

一ヶ月のデータ通信の制限が規定されていないWiMAX「ギガ放題」の各種料金を、プロバイダー各々で比較して、おすすめ順にランキング表にしてみました。月額料金だけで1つに絞るのは早計だとお伝えしておきます。
動画を視聴するなど、容量が大きめのコンテンツを主に利用するといった方は、WiMAX2+の方がピッタリです。各プロバイダーが販売しているプランがありますから、これらのプランを比較しならご紹介したいと思います。
まだWiMAX2+の電波が届くエリアに入っていないという人も、現在売られているWiFiルーターでしたら、それまでのWiMAXにも繋ぐことができるようになっていますし、月額1055円は必要ですがオプション料金を支払うことで、「au 4G LTE」にも接続することができます。
ポケットWiFiは、携帯と同じ様に端末自体が基地局と繋がる仕様ですから、難しい配線などで頭を悩ますことがありませんし、フレッツ光ないしはADSLを契約した時みたいなネット接続工事もまったく不要なのです。
毎月のデータ使用量が無制限と規定されている「ギガ放題」が人気ですが、WiMAX2+には「通常プラン」というのも存在するのです。こちらのプランは、「データ使用量は最大7GBまで」となっております。

ワイモバイルないしはドコモなら、3日間で1GBという容量をオーバーしてしまうと、定められた期間速度制限が実施されますが、WiMAX(ノーリミットモード)でしたら、そうした制限はあり得ません。
どのモバイルWiFiにするかを1ヶ月の料金だけで決断してしまうと、失敗することになると思いますので、その料金に着目しながら、その他にも知っておかなければならない事柄について、懇切丁寧に解説致します。
WiMAXは果たして料金が安いのか?利用のメリットや気を付けるべき事項を理解し、高評価の格安SIM等とも比較した上で、「ホントに買うべきなのか?」についてご説明させていただきます。
思いの外知らない人が多いようですが、「ポケットWiFi」という用語はワイモバイルの登録商標です。しかしながらWiFiルーターのひとつということもあって、今では普通の名詞だと思われている人が多くを占めます。
かつての通信規格と比べても、断然通信速度がUPしており、色々なデータを一括送受信できるというのがLTEの良い所だと考えます。今の社会にマッチする通信規格だと感じています。

新ジャンル「ネットデレ」

自分の家の場合は、ネット環境を構築するためにWiMAXを使うようにしております。気に掛けていた回線速度についても、全然イライラを感じることのない速度です。
全く同じモバイルルーターでも、プロバイダーが違えば月額料金は異なってきます。このWEBページでは、人気を博している機種を“料金”順でランキング化しておりますので、比較してご覧いただければ幸いです。
モバイルWiFiの月額料金を格別低くしている会社と言いますのは、「初期費用が大概高め」です。ですので、初期費用も踏まえて1つに絞ることが大切だと言えます。
LTEに関しては、これまでの3Gを「長期的に進化させたもの」ということで命名された通信規格で、近未来に登場するはずの4Gへの変更を円滑にするためのものです。その為、「3.9G」と言われることが一般的です。
WiMAXモバイルルーターにつきましては、携行できるようにという目論見で作られている機器なので、ポーチなどに十分に入る小型サイズということになっていますが、使う場合は事前に充電しておかないといけません。

WiMAXモバイルルーターについては、契約段階で機種を選択することができ、大概タダで手に入れられると思います。しかしながらチョイスする機種を間違えると、「使おうと思っていたエリアが電波の届かに地域だった」ということがままあります。
「モバイルWiFiの内、無制限&高速モバイル通信として注目されているWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルブランドのモバイルルーターのどちらを選択すべきか考え込んでしまっている。」とおっしゃる方に役立てていただく為に、両者を比較してみたいと思います。
モバイルルーターという名前はソフトバンク株式会社の商標ですが、多くの場合は「3Gであったり4G回線経由でモバイル通信をする」という時に必要とされる小さいWiFiルーターのことだと解されています。
モバイルWiFiを所持するなら、可能な範囲で支出を削減したいと考えることでしょう。料金と申しますのは毎月毎月徴収されますから、たとえ200~300円程度の差であったとしましても、年間にしますとかなり違うことになります。
モバイルルーターのことを調べていると、しつこいくらいに目に付くのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。ビックリすることに、40000円に迫るほどの高額なキャッシュバックをしているところもあります。

モバイルルーターと言いますのは、携帯みたく各々の端末が基地局と無線にて接続されるというシステムなので、手間暇の掛かる配線などを行なうことは全く不要ですし、ADSL又はフレッツ光を申し込んだときと同じようなインターネット開通工事もする必要がないのです。
自宅以外に、室外でもネットに繋げることが可能なWiMAXではあるのですが、絶対に自宅でしか利用しないとおっしゃるなら、WiMAXモバイルルーターなんかよりも家庭専用ルーターの方を選択した方が賢明です。
WiMAXでは、著名なプロバイダーが実施しているキャッシュバックキャンペーンが大好評ですが、当ウェブサイトでは、ホントにWiMAXは通信量に伴う規定が設けられておらず、速度が遅くなることはないのかについて解説させていただいております。
LTEに匹敵する高速モバイル通信が行えるWiMAXという通信規格も人気を博しています。ほぼほぼノート型PCなどで使用されており、「時と場所に関係なくWiFi高速通信を可能にする!」というのが訴求ポイントだと言えます。
ワイモバイルもその通信サービスエリアは広がりつつあり、離島や山あいを除外した地区なら大概使えると思います。インターネットに4G回線を利用して接続することが困難な時は、3G回線で接続できるので心配無用です。

ついにネットの時代が終わる

「WiMAXをできるだけ安く思う存分使用したいのだけど、どのプロバイダーと契約した方がベストなのか皆目わからない」という方のために、WiMAXを売っているプロバイダーを比較したWiMAX専用ページを立ち上げましたので、是非参考になさってください。
モバイルルーターの販売戦略上、キャッシュバックキャンペーンを前面に打ち出しているプロバイダーも多々あります。キャッシュバックを踏まえた料金を比較して、お得な順にランキングにして掲載しております。
注目を集めているWiMAXが欲しいという人はたくさんいらっしゃることと思いますが、「WiMAXとWiMAX2+では、どこが異なるのかが明らかになっていない」という人用に、その相違点をご案内させていただきます。
当ホームページでは、1人1人に相応しいモバイルルーターを選択いただけるように、プロバイダー1社1社の速度であるとか月額料金などを検証して、ランキング形式にてご紹介させていただいております。
月毎のデータ使用量に上限のない「ギガ放題」が注目を集めていますが、WiMAX2+には「通常プラン」というのもラインナップされています。このプランは、「データ使用量は最大7GBまで」とされております。

WiMAXに関しては、どんな時もキャッシュバックキャンペーンに視線が注がれますが、このところは月額料金が低額になるキャンペーンも支持されています。
Y!mobileあるいはDoCoMoの場合は、3日間で1GBを超えますと、所定の期間速度制限が行われますが、WiMAX(ノーリミットモード)なら、そんな制限はありません。
速度制限設定のないのはWiMAXだけという印象が強いですが、ワイモバイルにも通信方式を切り替えることで、速度制限を受けることなく使用できる「アドバンスモード」というおすすめのプランがあるのです。
WiMAXモバイルルーターと称されるものは、WiMAXのモバイル通信網を利用することで、パソコンであったりタブレットなどのWiFiをキャッチできる端末とインターネット回線を繋げる為の、小型サイズの通信機器というわけです。
Yモバイルもしくはdocomoにて取り決められている速度制限が行われますと、下り速度が128kbpsにまで落とされることになりますが、この速度ということになりますと、少し長めのウェブサイトのTOPページを表示させようとするだけで、20秒程度は必要です。

WiMAXと言いますのは、モバイルWiFiルーターと言われている端末のひとつで、屋内にいる時でも外出中でもネットが使えて、有り難いことにひと月の通信量も上限なしとされている、今一番人気のWiFiルーターだと明言します。
WiMAXの「ギガ放題プラン」と言いますのは、データ通信量が3日で3GBをオーバーしてしまうと速度制限が実施されることになりますが、その制限を喰らっても一定レベル以上の速さはあるので、速度制限にビクつく必要はないと思います。
モバイルWiFiの1ヶ月の料金は大概5000円以内となっていますが、プロバイダーによってはキャッシュバックを武器にしているところが複数存在します。このキャッシュバック額をトータルの支払い額から差し引きますと、実質負担額が判明するわけです。
WiMAXギガ放題プランと申しますのは、多くの場合2年という期間ごとの更新契約を条件として、基本料金の引き下げやキャッシュバックが行われているのです。そのあたりをしっかり意識して契約しなければいけません。
ほとんど全てのプロバイダーが、電子メールを通して「キャッシュバックの振り込みをいたします。」という様な通知をしてきます。契約を結んだ日からかなり経ってからのメールですので、見過ごす人がかなりいるとのことです。

モバイルWiFiルーターについては…。

モバイルWiFiを安く抑えたいなら、当たり前ですが月額料金が大事になってきます。この月額料金設定が安めの機種を選べば、その先ずっと払うことになる金額も安くなりますから、何はともあれこの料金を要チェックです。
LTEと遜色のない高速モバイル通信が可能なWiMAXという通信規格も今の流行りです。ほぼほぼノートパソコンなどで使っているという人が多く、「時間や場所に関係なく高速通信が可能」というのがアピールポイントなのです。
ワイモバイルが提供するポケットWiFiは、規定されたパケット通信量を超過してしまうと、速度制限を受けることになります。因みに速度制限が為されることになる通信量は、使用端末毎に決められています。
モバイルWiFiルーターについては、契約年数と月々の料金、それから速度を比較して1つに絞るのがポイントになります。また利用する状況を予測して、通信サービスが可能なエリアを把握しておくことも必要だと考えます。
モバイルWiFiの月間の料金は2000円台~4000円台ですが、プロバイダーによってはキャッシュバックを売りにしているところが幾つかあります。この戻してもらえる金額をすべての経費からマイナスすれば、実質負担額が判明するわけです。

このウェブページでは、それぞれにフィットしたモバイルルーターを選出いただけるように、プロバイダー1社1社の料金であるとか速度等を調査して、ランキング形式にてご紹介させていただいております。
DoCoMoだったりY!mobile(Yモバイル)において規定されている3日間で1GBまでという制限ですが、1GBというのはパソコンなどで映像を鑑賞しますと、およそ2時間で達してしまうことになり、問答無用で速度制限が適用されることになります。
WiMAXのモバイル通信エリアは、じっくりと時間を費やして拡充されてきたというわけです。その甲斐あって、現在では市中のみならず、地下鉄の駅なども不便を感じることがないレベルにまで到達しているわけです。
プロバイダーによってキャッシュバックされる時期は異なるのが一般的です。キャッシュが入金される日は何ヶ月か後となりますので、そういった部分も知覚した上で、どのプロバイダーで購入するかを決定しましょう。
「モバイルWiFiに変えようと思っているけど、無制限&高速モバイル通信として注目されているWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供するポケットWiFiのどっちにした方がいいのかなかなか決められない。」と言われる方の役に立つように、双方を比較していますので是非ご覧ください。

「ポケットWiFi」と言いますのは、「ワイモバイルが扱っているWiFiルーターすべて」というのが本当は正解になるのですが、「場所を選ぶことなくネットを可能にするための端末すべてを指す」のが通例です。
WiMAXの毎月の料金を、できる範囲で安くあげたいと思いながら検索しているのではないですか?そうした人の参考になるように、1か月間の料金を低く抑える為の秘策をご案内いたします。
今の段階ではLTEを利用することが可能なエリアは限定的ではありますが、エリア外におきましては自動で3G通信に切り替わりますので、「圏外で使えない!」みたいなことはないと言い切れます。
過去の規格と比べると、最近のLTEには、接続であるとか伝送の円滑化向上のための優秀な技術が様々に導入されています。
「GMOとくとくBB」という名のプロバイダーは、嬉しいキャッシュバックキャンペーンを継続中ですが、キャッシュバックを確実にゲットするためにも、「キャッシュバック準備完了メール」が届くようにメール設定しておくことが大事になってきます。

電波法

最近、ケータイのカメラが壊れた。
まったく起動しなくなった。

ただ、調べたところネット上にも同様の症状が多数報告されていたので、システムの問題だろうと思い、さっそく修理のためにドコモショップへ。

ボク「カメラが壊れたんですけど、物理破損じゃなくてシステムエラーだから無償修理ですよね?」

ドコモ「なるほどー、たしかに基板やシステムの問題っぽいですね。ちょっと外付けカバー外しますねー」

ドコモ「あ、端っこに外装カバーの削れた跡がありますね!これだと有償修理になりますね!5400円です!」

ボク「……は? いやいやいや、そんな抱き合わせ修理しなくていいから、システム直してくれればいいです」

ドコモ「いえ、これはシステムだけ直せないんですよ! 外装も少しだけ破損してますし、有償修理ですね!」

ボク「いえ、だから外装はそのままでいいですって。中身だけ直して」

ドコモ「それは出来ないんですよー」

ボク「だって、それじゃどんな修理にしたってシステム側の問題でも、何でもかんでも修理費請求できる詐欺みたいなもんじゃん! 2年縛りで買わせといてシステムが2年もたないのに、その修理が抱き合わせって詐欺でしょ!」

ドコモ「あー……法律で決まってるんです」

ボク「は?( ゚д゚)」

ボク「え、システム直す時は外装も直せって??」

ドコモ「ええ、法律で修理の際は完全な状態でお戻ししないといけないって決まってるんですよー」

ボク「いや、わけわかんないでしょ。もういいです。有償修理でお願いします」

んで帰宅して調べてみる。

たしかに、電波法の38条にそのような内容があった。
携帯電話は、国の基準と電波法にそった無線局であり、電波法では、無線局は国の定める技術基準に適合していなければならないと記述されている。

つまり、ケース不良はそこから電波が漏れ出て電波の不要輻射等によって、技術基準に適合しないことになるって解釈だ。

業者は、それが分かっている状態で修理しないわけにはいかないっつーことなわけだ。
従って、ケース交換するのは、ドコモの都合ではなく、法律による縛りってこと。

これさー、ちゃんと店頭で説明出来るようにしなさいよ。
傷がありますね!有償修理です!じゃ明らかに無償修理させない気マンマンとしか取れないでしょ。

最初から電波法で不完全な状態では戻せない、そして外装のちょっとした破損も機体からの電波の漏洩につながるから修理対象になるって言われれば納得するよ。

ほんとにね、窓口のねーちゃん、頼むよ。

っていうお話。

ケータイ修理する場合は、外装に少しでも傷があったらそこ含めて全部修理されるので取り扱いにはお気をつけて。

モバイルルーター

IT関連は、ここのところたてつづけに思い通りにならないことばかり!
というか、3年前にスマフォを新しく買って以来、あるいはポケットWiFiを比較した末に自宅のネットを4年前にNiftyのWMaxにして以来、いったん安定した環境のまま使い続けていて、そのまま惰性ですんでいたから。
新しいことをすると、必ずしもスムーズにいかないので、ぐったりと疲れます。
という愚痴の日記です。

自宅では、ずっとWMaxのホームルーターを有線でパソコンとつないでいました。
まだモバイルは12年使い続けたビッチ時代だったので、WiFiとも縁がなくて、無線に対するセキュリティの心配が強く、有線だけで使えばいいと思っていたからです。
基本的には自宅でしかパソコンを使っていなかったので、ホームルーターで有線でネットにアクセスするので十分だったのです。

その後、スマフォを買って、海外でWiFi接続をして、WiFiに慣れました。
とはいえ国内ではドコモの通信で間に合いました。

そしてこのあいだタブレットを購入しました。
サムソンのキーボード付きのタブレットです。
ところがそのタブレットには、簡単なテキストもワープロアプリもインストールされていませんでした。

これまでスマフォでは、アフリをダウンロードしない主義でやってきました。
ブラウザでネットを見るのとメールくらいが使い道だったので、アプリはプレスンストールされてあって、無料のもので間に合いました。

タブレットでは、いままでひまを見て手書きで下書きしていたものを、ワープロソフトかテキストで入力したいと考えていました。
なので、アプリをダウンロードしなければなりません。
いくつか検索したのですが、どれもWiFi接続時にダウンロードすることになっていました。でないと、いまのスマフォの料金体系では、料金に足が出て、一ヶ月の通信の上限にあっていう間に達してしまいます。

だから家で、いままで有線で接続していたところを、無線を試そうと思ったのに、なぜかルーターでは無線接続ができません。
不具合かなぁ。

なのでサービスセンターにメールで問い合わせようと思ったのですが、会員登録しなければメールは出せず、その会員登録が型番がいくら入力しても間違っていると出てしまいます。
ルーター自体、もう製造を終了していました。
サービス対応期間らしいのですが。

ラインクリエーターズスタンプと肖像権

またもや、だけど
以前、嵐が連想出来るってことで
販売停止になったものが2つほど在ったのね。

写真っぽいとか、似顔絵なら
ま、肖像権とか問題になるだろうから
納得はいく。
実際に、これをオリジナルだと
言うのはアカンやろ?とは思った。

でもなー…

ちょっと口癖、セリフみたいなの?
これくらいは、許してほしいなーって思ってた。
同じヲタの友人とトークするのに
ちょこっと 使いたいもんなのよぉ♪
知れてるよ、頻度なんて。